• ホーム
  • 店舗情報
  • 商品一覧
  • お問い合わせ
やっこさんポイントプレゼント

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

商品コード:
shojyusen12

松寿仙(12本)

販売価格(税込):
23,100
メーカー:
和漢薬研究所
関連カテゴリ:
免疫力向上対策
老化予防対策(抗酸化作用)
疲労回復・健康増進対策
婦人科改善対策 > 冷え性
婦人科改善対策 > 手足のしびれ
消化器改善対策 > 便秘
糖尿病改善対策 > 手足のしびれ
糖尿病改善対策 > 高血圧
循環器改善対策 > 頭痛・頭重
循環器改善対策 > 血行改善作用
循環器改善対策 > 高脂血症
【第三類医薬品】

【特徴】
私たちの体には、本来、生体機能のバランスを保ち、いつも健康を維持しようとする働きがあります。これを自然治癒力あるいは恒常性維持能力といいます。そして、この働きを賦活して健康を保持することを滋養強壮といいます。
松寿仙は、自然の原料であるクマザサ葉・赤松葉・朝鮮人参から抽出した有効成分により虚弱体質、胃腸虚弱の方及び病中病後、食欲不振、肉体疲労の時に優れた効果をあらわす滋養強壮保健薬です。

【使用上の注意】
相談すること
しばらく服用しても症状の改善がみられない場合には、医師又は薬剤師に相談してください

【効能・効果】
次の場合の滋養強壮
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振

【用法・用量】
次の量を添付の計量コップではかり、食間又は食前に温湯又は冷水に希釈して服用してください。(食間とは、食後2~3時間を指します。)
   [年 齢]      [1回量]  [一日服用回数]
    大 人        2ml     3回
  15才未満8才迄     1ml     3回

(1)定められた用法・用量をお守りください。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

〔容器の使い方〕
◎開栓は樹脂キャップを強く左へ廻してください。すそ部(スカート部)はタブ(割れ目部分)を手指等でつまみ横に引いて離脱してください。
◎分注する場合は下記図の通りです。
・樹脂キャップを矢印(左)の方向に強く廻して開けてください。開栓しますと分注器が装着してあります。
・すそ部(スカート部)はタブを指先等でつまみ矢印(左)の方向に引いて外してください。
・計量コップにて松寿仙をはかりとり、別のコップ等に入れて水又は温湯にて希釈して服用してください。
・使用後は必ずキャップをしっかりしめてください。

【成分・分量】
6ml中
     [成 分]                        [分 量]
ニンジンエキス(原生薬としてニンジン 58mg)        10.8mg
クマザサ葉葉緑素液(原生薬としてクマザサ葉 19g)    4.8ml
赤松葉エキス(原生薬として赤松葉 232mg)        18.0mg
〔注意〕
本剤は、生薬を用いた製剤ですので、製品により色が多少異なることがありますが、効果に変わりありません。

保管及び取扱い上の注意
(1)小児の手のとどかない所に保管してください。
(2)直射日光をさけ、なるべく涼しい所に保管してください。
(3)誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないでください。
(4)開栓後は、冷蔵庫に保管し服用してください。
(5)分注器に直接手指を触れないでご使用ください。
(6)開栓後、ご使用中は必ずキャップをしっかりしめてください。
(7)開栓及びすそ部(スカート部)の離脱には手指や爪先等を切傷しないように注意してください。
(8)開栓後、樹脂キャップのまま携行又は横倒しにすると液が漏れることがあります。 衣服等に付着させないように注意してください。もし付着した場合には、ただちに温湯で洗ってください。
(9)生薬エキス製剤でありますので、アミノ酸等の成分が瓶の内面や底部に沈殿することがありますが、薬効には変わりありません。振ってからご使用ください。
この商品はお電話(フリーダイヤル) 0120-717-620 へご相談ください。

インターネット販売を行う際に薬事法で定められている確認事項

①年齢
②他の薬剤又は医薬品の使用の状況
③性別
④症状
⑤症状に関して医師又は歯科医師の診断を受けたか否かの別及び
  診断を受けたことがある場合にはその診断の内容
⑥現にかかっている他の疾病がある場合はその病名
⑦妊娠しているか否かの別及び妊娠中である場合にはその診断の内容
⑧授乳しているか否かの別
⑨当該第1類医薬品に係る購入、譲受け又は使用の経験の有無
⑩調剤された薬剤又は医薬品の副作用その他の事由によると疑われる
  疾病にかかったことがあるか否かの別並びにかかったことがある場合はその症状、
  その時期、当該薬剤又は医薬品の名称、有効成分、服用した量及び服用の状況
⑪その他新法第36条の10第1項の規定による情報の提供を行うために確認が必要な事項

このページのトップへ